August 18, 2005

亡国のイージス

火曜日松竹さんの株主優待券で亡国のイージスという映画を見に行ってきました。
自国の政府を転覆したい某国の工作員(まあほとんど特定の国をさしてますが)とそれれに共鳴した自衛隊幹部の手によってイージス艦が乗っ取られ、それに撃たれても撃たれても死なない不死身の自衛官2名が立ち向かうというストーリーでした。
出演者は真田広之(一番写っていたのでたぶん主役)、佐藤浩市、中井貴一、寺尾聰、岸部一徳ら豪華男優人にチェ・ミンソさんと多彩な顔ぶれ。
さらに自衛隊の全面協力と言うことで前評判も高く期待して行きました。

Continue reading "亡国のイージス"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 27, 2005

オーシャンズ12

昨夜優待券でオーシャンズ12を見に行ってきました。
全作でお金を盗んだベネディクトに2週間で金を返すか殺されるかと脅されアムステルダムに向かったオーシャンズとその一行の様子を1日ごとに映し出していくというストーリーでした。
ベネディクトに情報を売ったナイト・フォックス、オーシャンズの奥さん役のジュリア・ロバーツに次作が有った時用?の女性刑事と豪華競演の割にはストーリーが難しいのかわかりにくい内容でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2004

ポーラーエキスプレス

昨日松竹さんの株主優待券でポーラーエキスプレスを見てきました。
これを見たかったわけでは無いのですが時間的な都合でこれになりました。最近のアニメはモーションキャプチャーの技術で動作自体は人間が演じているみたいで大変驚かされましたが、まだ顔の表情に若干の問題があるみたいです。
最初はその技術におどろいて見ていましたがなれてくると細部が気になる物です。動きがリアルな分顔の些細な表情とかもつい実写と比較し見てしまうので損をしていると思います。
物語自体は昨年まではサンタを信じていた子が1年大きくなり次第に現実的になりその存在を疑い始めたときポーラーエキスプレスがきて北極へ旅をするという話です。
映画を見て思い出したことは1897年ニューヨーク・サン紙に8歳の女の子がサンタさんはいるの?と手紙を書きそれに対してFrancis P. Church記者が「Yes, Virginia, There is a Santa Claus」 という文書で有名な社説で返事をだしたことです。
人生において物質的な物以外にも愛とか信じる心とか希望のような見えない物も大切だと言うことでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)