« 暑い中の峠走 | トップページ | 八方ヶ原ヒルクライムレース »

ハイドレーションバックを背をって峠走

k1
ハイドレーションバックです。
先週熱中症の一歩手前になったので今回の峠走ではハイドレーションを背負って走ることに。
1L以上の水分を担いで走れますが重たくなるのと保冷機能は0なのが欠点ですね。

data187
日曜日は平沢遺跡から白滝林道経由でつつじヶ丘駐車場まで往復ランニングです。

data186
土曜日はロードバイクです。
雪入に行くも疲労困憊で全然走れないのでそのまま青木葉峠を越えて十三塚を登ることに。
ゆっくりしか登れないのなら激坂の方がトレーニングになるかなと。
休むダンシングで登りました。
斜度がきつく途中から(最後のコンクリート区間から)あまり休めないダンシングになりましたが。

|

« 暑い中の峠走 | トップページ | 八方ヶ原ヒルクライムレース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑い中の峠走 | トップページ | 八方ヶ原ヒルクライムレース »